蒼海の碑銘 海底の戦争遺産

蒼海の碑銘 海底の戦争遺産

gfc-st-0225

¥2,970
/

商品説明 令和2年8月、日本は終戦から75年を迎える。
あの戦争では多くの艦船が沈み、航空機もまた多数が今も海底に眠っている。本書はレック(沈んでいる船や航空機)撮影をライフワークとして続けている戸村裕行カメラマンが、かつて日本の大根拠地だったトラック諸島、激戦の舞台となったソロモン諸島、そして観光地としても知られるグアムやパラオ、さらにフィリピンのコロン、原爆実験の行われたビキニ環礁など、さまざまな場所でカメラに収めてきた「海底の戦争遺産」の今を収録。戦後70年以上を経てもなお、かつての雄姿をとどめる戦艦などの戦闘艦艇、悲劇的な最期を遂げた徴用船、零戦をはじめとする各種の日本軍機など、静かに海底に眠る姿を紹介する。
商品仕様 素材:紙
ページ数:162ページ
サイズ:幅29.7×高さ21×奥行1.2cm
サイズ
高さ 奥行
29.7cm 21cm 1.2cm
令和2年8月、日本は終戦から75年を迎える。 あの戦争では多くの艦船が沈み、航空機もまた多数が今も海底に眠っている。本書はレック(沈んでいる船や航空機)撮影をライフワークとして続けている戸村裕行カメラマンが、かつて日本の大根拠地だったトラック諸島、激戦の舞台となったソロモン諸島、そして観光地としても知られるグアムやパラオ、さらにフィリピンのコロン、原爆実験の行われたビキニ環礁など、さまざまな場所でカメラに収めてきた「海底の戦争遺産」の今を収録。戦後70年以上を経てもなお、かつての雄姿をとどめる戦艦などの戦闘艦艇、悲劇的な最期を遂げた徴用船、零戦をはじめとする各種の日本軍機など、静かに海底に眠る姿を紹介する。